機能矯正の利点は?本当の「顔」を取り戻しませんか?

機能矯正とは、本来その人がするべき、またはするべきであった成長を促しまたは取り戻し、その人が本来持っている力 を引き出す治療法です。
歯は極端な異常形成で巨大化していない限り、きちんとした歯列を作るのに適切な大きさで形作られています。
歯並びが悪くなるのは、何らかの理由で顔の骨格、下顎の骨格が本来の成長をしていないため、歯が歯列に収まることができずに飛び出してしまっている現象なのです。
また、頭頚部領域の成長不足は、様々な全身の不快症状を伴っている場合が多く見られます。
肩こりや、耳鳴り、歯ぎしり、顎関節症、早期老化、その他の不定愁訴、等は矯正治療との関連性は立証されていませんが、成人機能矯正の治療初期段階で消失、改善し、患者さんかに喜んでいただいた実例を多数経験しています。
反証的に考えると、成人の方でこのような改善例が見込まれると言うことは、成長期の子供さんでは不正咬合の発生が成長への何らかの阻害因子として働いていることは容易に推測でき、結果論になりますが機能矯正治療の完遂したお子さんでは成績の上昇や身体能力の向上、学校生活での活発さの向上などが観察されており、機能矯正治療との関連が推察されております。
単に歯並びだけを整えるのであれば歯を抜いてスペースを作るのも有効な方策ですが、機能矯正では歯を並べるだけでなく、身体的精神的な健康という面も咬み合わせから改善していくことを目的とし治療法であり、当院での治療実績はそのことを裏付け続けているのです。

機能矯正について

1. 始める時期

治療をしたいと思われた時期が始める時期と言えます。
各段階に応じた治療法をご提示いたします。

2. 期間

お子さんでは永久歯列が完成すると同時に終了できることを一つの目標としています。
6歳からはじめれば6年間ということになりますが、成長を見守りながら健康なかみ合わせを育てていくことができる人生で一度のチャンスです。
もっとも大きな結果が見いだせるのもこの時期です。
成人の方では概ね2年から2年半でほとんどの方が満足のいく改善をされています。
3年半を超えた症例は経験しておりません。

3. 費用

4. 通院

通常月一回。
状況に応じて増減があります。

治療例

治療前
治療後
治療前
治療後
無料相談
このページのトップへ戻る